Google、Yahoo!で検索エンジン上位表示するSEO対策理論

 

和田です。

アフィリエイトや情報ビジネスなどのネットビジネスに限らず

ホームページを所有する企業なども含め

検索エンジンで上位表示させるSEO対策というものが

かなり重要視される時代になりました。

 

検索エンジンの順位こそが、

自分の媒体(お店)を多くの人の目に触れてもらう

最大の集客場所と言っても過言ではないからです。

 

万が一、SEOというものを知らない方のために

簡単に説明をさせてもらいますと、

 

SEOというのは

サーチエンジン・オプティマイゼーション

の略で、これを日本語に訳すと

検索エンジン最適化という意味になります。

 

SEO対策というのは

Yahoo!やGoogleなどのキーワード検索エンジン

を最適に(優位的に)使うための仕組み作りという

解釈をして頂ければと思います。

 

いうまでもなく、このSEO対策を施せば

商品販売の販促に繋がり、収益を大きく左右することになります。

 

考えてもらえればわかると思いますが

「アフィリエイト」

と検索して出てきたブログが

1ページ目のブログにアクセスするのか

2ページ目のブログにアクセスのか、

また、どちらが信用があって、価値の高い情報を

与えてくれるのか?

 

このような明確な定義が無かったとしても

あなたがクリックをして、情報を得ようとするのは

2ページ目より1ページにでてくるブログの方だと思います。

 

故に、よほどユーザーが積極的に様々な情報を集めないかぎり

検索エンジンの2ページ目というのはほとんど見られなわけです。

 

そして、我々は勝手に

「1ページ目にでてくるサイトの方が信頼できるサイト」

だという風に認識してしまっているので

検索エンジンで1ページ目をとるSEO対策というのが

かなり重要になるわけです。

 

 

有効なSEO対策とは?

 

SEOには明確な答えというものが存在しません。

ゆえに、有力であるとよばれるSEO対策は

経験論から基づいた定説にすぎません。

 

一昔前であれば、

被リンクと呼ばれるリンクを飛ばし合う事で

ブログ自体のSEO対策になるとされていましたが

今は被リンクは全くの逆効果であると

Google側がはっきりと公言しています。

 

SEO業者もそうですが、

このような、”機械的にブログのSEO対策をする”

行為は、Googleからすれば本当に価値のある皆が参考にできる

サイトを検索エンジン上位にもってこなければいけないため

ツールを使ったり、サテライトブログを使った被リンクを

したブログなどはスパム判定されるというオチになりました。

 

ただし、本当に価値の高いサイトからの

被リンクは今でも有効であることは確証されています。

 

もちろん、関連性のあるサイトであるという事が前提ですが、

簡単に貰えるようなものではありません。

 

SEOのテクニック論というのは

仮説でしかないため、答えがないのですが

1つ間違いなくいえるのは

サイトのコンテンツボリュームや充実度は

昔から変らず優遇されるという事です。

 

ブログであれば、記事数、1記事の文章の長さ

そのブログの趣旨であるキーワードの出現度

これらが、有意義なサイトなのかどうかを判断する

材料となっているそうです。

 

仮に、これがSEOに全く関係の無いデマ話だったとしても

ユーザーからすれば充実して画期的なサイトを参考にしたいでしょうから

必然的にサイトへ訪れるユーザーというのは増えていくと思います。

 

そして、記事の長さであっても

様々なキーワードが欄列できて、ユーザーに対しても

短いよりかは長い方が、確実に価値の高い情報を与えれますので

サイトのコンテンツボリュームを意識したSEO対策

というのは、今後も意識して続けた方がいいです。

 

結果として、濃いユーザーの集るブログができるのであれば

検索エンジンの上位をとれなかったとしても

リピーター戦略から商品を販売することもできるでしょうし。

 

 

 

 

私の記事に価値を感じてくれた人は応援お願いします。


ネットビジネス ブログランキングへ

ネットビジネス心理×真理ブログ限定メールマガジンも配信しています。

もちろん、ご購読は無料でできます。

本格的にネットビジネスを学びたい方、

何から始めたらいいのかわからない方には

必ずためになる有益な情報になります。

絶対に損はさせませんので是非ご購読してみて下さい。

名前(姓名が同枠)

メールアドレス

コメントを残す

このページの先頭へ