プロフィットせどり2(田辺和久)の評判は?徹底レビュー

和田です。

2016年も残り1日となっていしまいました。

来年も価値のある情報を提供していくので

よろしくお願いいたします。

 

今回、レビューするのは

インフォトップの売れ筋教材である

田辺和久のプロフィットせどり2です。

プロフィットせどり2(田辺和久)レビュー

http://profitsedori.com/top/

1228-1024x477

 

セールスレターのキャッチコピーには

そう言われ続けても「12年間」変わらず実行し

誰にも教えたくなかったあの手法

12年間で「Amazon」評価10000件合計5億円

と書かれております。

 

率直に示すとこのプロフィットせどり2は、古本せどりを学べる内容です。

古本せどりは、1時期流行りましたが

その分、参入者が多くなり飽和した手法であること

労力の割ぶ薄利多売であるため労力よりも稼げない

という点から現在は古本せどりを行う人はごくわずかに限るといった印象です。

 

実際に古本せどりを行った人なら分かると思いますが

BOOKOFFなどの古本屋にバーコードリーダーを片手に持ち

本棚にある本次々とバーコードリーダーにふるいをかける

という手法が有名です。

 

本の単価は数百円、数千円と低いので数万、十万円と

稼ぐにはかなりの本をさばく必要があるわけです。

その労力から古本せどりは人気が落ち始めました。

 

電脳せどりの手法が有名になったので

そちらの方面にせどり業界が移行したわけですね。

店舗せどりのように外出する必要はなく自宅で完結できるわけですから。

 

プロフィットせどり2のノウハウは

何と利益率50~60%以上だとセールスレターで言っておりますが

これはどう考えても怪しいというのが率直なところです。

 

Amazonで販売するには利益率が30%あれば良い方だと言われております。

理由としては、Amazonでは手数料で15%

小口出品1つの商品につき100円、大口出品月5000円

FBAを用いるとなると、さらに料金を上乗せされるということ

以上の点から利益率が低くなっていしまうわけです。

 

img35

こちらの画像はセールスレター内で用いられる

実績の商品となりますが利益率80%であると示されています。

 

ですが仕入れ金800円の証拠もない上に

現在、Amazonでこの商品は14000円で販売されていることから

赤字覚悟で販売をしていたという可能性も否めません。

 

この商品画像を見てプレミアム商品を狙っていくノウハウなのか

と思いましたが

どうやら、そうではないようです。

セールスレターではプレミア本は狙わないと豪語しているので。

 

じゃあ、一体どんな商品を仕入れ対象にしていくのか?

このような疑問を抱くと思います。

 

しかしながらセールスレターを拝見する限り

仕入れ対象、どんな風に行っていくのか

この点については具体的に示されていませんでした。

 

こういった類の教材は

販売者が稼ぐために作った見せかけのノウハウである

確率が高いというのが現状です。

 

また、仮に再現性のあるノウハウだとしても

参加者が同じ商品を狙うために

同じノウハウの実践者同士で商品を奪い合う=競合する

つまり参加者同士で足を引っ張り合うこともあるわけです。

 

以上の点を踏まえるとプロフィットせどり2は稼げる確率は

低いというのが個人的な見解です。

 

プロフィットせどり2は12800円で販売されています。

これを高いか安いか判断するかは人次第ですが

教材に関しては値段で判断するのではなく

再現性があるのか、役に立つ内容となっているのか

そういった視点で判断すべきです。

 

プロフィットせどり2は少なくとも

教材代金を回収できる教材だということは

保証できません。

 

今回のレビューは以上となります。

 

 

 

コメントを残す

このページの先頭へ