ブレイントラスター(岩崎秀秋)は稼げない?検証レビュー

和田です。

インフォトップで非常に興味深いツールが

販売されていたので

私の方から紹介をしていきたいと思います。

 

それがこちら

%e7%94%bb%e5%83%8f1-1024x422

 

ブレイントラスターという転売、せどりツールです。

今回はブレイントラスターが

・ツール自体に再現性はあるのか

・本当にツールを使って稼げるのか内容なのか

これらの点を批評していきます。

 

ブレイントラスター(岩崎秀秋)レビュー

http://braintorasuta.jp/tuki/

 

セールスレターには

ツールを使用したTOPせどらーが驚愕し歓喜した

月商1000万円を作るAIロボット。

ヤフオク全商品刈り取りシステムここに誕生!

と書かれてあります。

 

どうやらヤフオクを仕入先で利用するようですね。

ブライントラスターは、ツールを用いて

「ヤフオクで仕入れた商品をAmazonで仕入れる」

という内容です。

 

つまり、ヤフオクで安く商品を仕入れてAmazonで高く販売する

という事になります。

 

Amazonで販売されている商品をツールに入力することによって

価格差のある商品をツールが見つけてくれるので

その商品を仕入れてAmazonに販売する

 

「効率的で楽に稼げそう」

という方もいらっしゃるかもしれませんが

私からの意見としては

「不確実要素があるため稼げないのでは」

そう思わざるを得ませんでした。

 

ヤフオクを仕入先で用いるという事でしたが

オークション形式であるため

自分の理想の値段で仕入れることは確実ではありません。

 

例えば、3000円で仕入れたいと狙っていた商品が

オークションでどんどん根がありして10000円以上になっていた

このような事も考えられます。

 

そうなってしまっては利益が出るどころか

赤字になるのも明白ですよね。

 

またAmazonで販売するという事ですが

販売先をAmazonを利用して稼ごうとするとなると

資金の面で余裕のある人しか結果が出せない状態に陥ってしまいます。

 

何故かというとAmazonでは販売手数料が15%

大口出品月5000円、小口出品1つの商品につきに販売する手数料が100円

など様々な面で資金が必要になるからです、

 

FBAを利用するとなると更に手数料が上乗せされますから

薄利多売のビジネスになることは明らかです。

 

Amazonでは30%の利益率があれば良い方だと言われています。

つまり10万円の利益を得るためには30万円以上の資金が

必要になるという事です。

 

初心者の段階では資金面に関しては余裕が無い方が多いので

他の販売先で売れている商品を探す機能があれば

良かったのにと個人的には思ってしまいます。

 

正直言って転売におけるリサーチに関しては

ツールに頼らずとも自力で売れる商品を見つけることは誰でも可能です。

 

「安く仕入れて高く販売する」

これさえできれば稼げるわけですから

ヤフオクを販売先に活用していくならオークファンなどを用いて

最初の段階では自力で売れる商品を探したほうが自分の力になります。

 

ツール頼みではもしツールが使えなくなった瞬間に稼げなくなる訳ですし

そこの所を理解していただけたらと思います。

 

セールスレター内で紹介されているブレイントラスターの昨日は

ASIN一括登録

フィルタリング機能

仕入れ上限金額自動計算

Amazon相場連動

検索ツールとしての機能

 

正直言ってAmazonでは1円出品というオークション形式が

ありますから上限などの商品の値段を検索場合

大量に商品が出てくることもあるわけです。

 

そうなると

ありすぎてどの商品を仕入れればよいのか分からない

という状況になってしまいますよね。

 

例え、稼げそうな商品を見つけてしまったとしても

稼げる=需要のある商品

なわけですから

結局、落札の際には相場通りの値段になってしまう

可能性も否定できません。

 

このブレイントラスターというツール頼みで

リサーチをするなら

自分で行った方が確実に稼げる商品を見つけることができますね。

 

http://braintorasuta.jp/lp1/

 

こちらのURLをご覧ください。

これは今年の6月ごろに無料配布を行っていたブレイントラスターの

オプトインページとなっております。

 

つまり、ブレイントラスターは現在売られている分

過去に販売されたた分も含めると多くの利用者がいるという事になります。

 

ブレイントラスターというツールを用いて同じ場所で仕入れるわけですから

必然的に利用者同士での競合が生じますよね。

 

そうなると価格競争に陥ってしまい結局は利用者同士で足を引っ張り合う

形になってしまいます。

 

ブレイントラスターは月額利用料9800円で販売されています。

6カ月利用して20万円以上稼げなければ

全額返金保証をセールスレターにおいて述べているのですが

本当に返金してくれるのかについて疑問を抱きました。

 

理由としては、情報商材を販売するために必要である

特定商取引に基づく表示ページが存在していないからです。

 

販売者の素性が具体的に分からないわけですから

例え返金を応じても

「ちゃんと実践しないから稼げなかった」

「そんな保証を付けていない」

などのいちゃもんを付けられて返金に応じない可能性もあるわけです。

 

今回のレビューは以上となります。

参考になったら幸いです。

 

 

 

 

 

 

 

コメントを残す

このページの先頭へ