マズローの欲求5段階説

 

人間には根源的欲求が備わっており、

その欲求を満たす事こそが’’生きる事’’であり

欲求を満たす事で快感を得る事ができます。

 

この根源的欲求というものには

5段階の階層に別れていると

マズローは仮説をたてました。

 

マズローの欲求5段階説とは?

 

スクリーンショット 2014-08-21 20.12.56

 

このように、ピラミッド型に階級が別れており、

下にいくに連れて欲求は強くなり、

下が満たされている状態だと上の欲求を満たそうとします。

 

詳しく解説すると

 

生理的欲求

食や睡眠などです。

満たさないと死んでしまう欲求です。

もはや、無意識レベルで毎日繰り返している習慣でもあります。

 

安全欲求

自分の身を守るための欲求です。

防犯対策をしたり、自分の生命を脅かす可能性が

あるものに対する予防線です。

 

社会的欲求

集団に属したいという欲求です。

友人や恋人を作りたいという集団帰属欲求と呼ばれます。

 

尊厳欲求

自尊心や、他人からの尊厳を求める欲求です。

承認欲求とも呼ばれます。

 

自己実現欲求

自分の持っている才能や

可能性を試したいという欲求です。

 

 

情報商材を購入するターゲットの欲求は?

 

お金を稼ぐ系の情報商材を購入する

顧客の動きは、どの段階の欲求が突き動かしているのでしょう?

 

お金を稼ぎたいというのは、

高級マンションに住みたい、高級車に乗りたいたいという

他人からの目線を気にする、他人に認められたいという

尊厳欲求に位置するといえます。

 

とすれば、

欲求の段階的には低い段階に位置します。

段階が低いという事は、

欲求を満たそうとする意識も低いという事です。

 

つまり、

お金を稼ぎたい!という尊厳欲求が人間を突き動かした場合、

その人が情報商材という物でその欲求を満たそうとして

 

’’ブログアフィリエイトで稼ぎましょう’’

 

という課題を与えられ、1日1記事の更新作業を

強いられたときに、どれほどの意識で取り組めるのか?

という所に着目してみましょう。

 

大半の方が、欲求を満たすために自発的に行動したにも

関わらず、自分の欲を満たす為の作業を怠ってしまいます。

 

では次は、生理欲求が人間を動かす場合を

例にあげて考えてみましょう。

 

無一文の状態で、お金も無く、

食料を確保する術が何1つないとしたら

お金を稼いで食事をとり、生きようとします。

 

この時に、ブログ1日1記事の作業という課題を

与えられれば、死にものぐるいで取り組むはずです。

 

なぜなら、この状況では課題をクリアしないと

生命の危機に陥るからです。

 

尊厳欲求よりも、生理欲求の方が

人を突き動かす原動力としては遥かにパワーが

あることが明白なわけです。

 

 

ターゲットに対して訴えかける欲求段階の視点を変える

 

となれば、

情報商材を購入するターゲットに対するセールスを、

生理的欲求に訴えかけるようにすれば、

より購買意欲が高まるという事になります。

 

尊厳欲求に訴えかける場合は、

「高級車や高級マンションを所有し、周りから一目置かれる存在になりませんか?」

 

という切り口からオファーを流しますが、

 

生理欲求に訴えかける場合は、

「あなたの会社はいつ倒産するかわかりません。会社が倒産すれば

お金が貰えなくなり、家族を養うこともできず、ろくに食事をとることもできなくなります。

今のうちに個人が稼ぐ力を身につけなければ大変なことになります。」

 

という切り口でオファーをかけると、

欲求段階的には後者の方が協力な印象を与えるはずです。

 

特に、今の日本経済であれば

現実的に考えてもいつ首を切られるかわからない

大不況に陥ってますから、そういった社会情勢を

ターゲットに対して促すと、より効果的になります。

 

 

 

 

 

 

私の記事に価値を感じてくれた人は応援お願いします。


ネットビジネス ブログランキングへ

ネットビジネス心理×真理ブログ限定メールマガジンも配信しています。

もちろん、ご購読は無料でできます。

本格的にネットビジネスを学びたい方、

何から始めたらいいのかわからない方には

必ずためになる有益な情報になります。

絶対に損はさせませんので是非ご購読してみて下さい。

名前(姓名が同枠)

メールアドレス

コメントを残す

このページの先頭へ