ビジネスと希少性の法則

 

和田です。

希少性の法則をビジネスでどのように

活用していくのかについて、お話させて頂きます。

 

人間は面白いほど’’希少的価値’’に弱い生き物です。

’’珍しい物’’や’’残り数少ない物’’に価値を感じてしまう生き物です。

 

希少性の法則について

過去の心理実験からまずは例をみてみましょう。

 

希少性の原理を試された過去の実験

 

この実験では

10枚のクッキーが入った瓶と

2枚のクッキーが入った瓶の両方を被験者に食べてもらい

「どちらが美味しいか」という問いをすることで

希少性の原理の存在が明らかになりました。

 

ほとんどの被験者が

残り2枚しか入っていない瓶に入っているクッキーの方が美味しいと答えたのです。

 

しかし、

実際には10枚入っている瓶も2枚しか入ってない瓶も

中身は全く同じクッキーだったのです。

 

つまり、

量が少ない方の瓶のクッキーは、既に他の皆が食べていると考え

残り少くなくなった瓶のクッキーの方が美味しいと感じてしまったわけです。

 

 

手に入りにくい物=貴重であるという事と

皆が選んでいるという勘違いして

このような結果になったとされています。

 

骨董品や昔のレア商品などに高値がつくのも、

希少性の原理が強く働いている証拠です。

 

本来簡単に手に入るものであっても

入手困難になったとたんに

急に欲しくなる事があります。

 

これは、潜在的に

人が得ることよりも失うことを恐れるからだと

考えられます。

 

よく、販売マーケティングで

特典というものが使われます。

 

「今だけこの特典がついています!」

「残り後わずか!」

「先着10名!」

 

このような特典戦略の裏側では

希少性の法則がもちいられています。

 

そして、こういった特典に魅力を感じてしまうのは

特典が手に入るという得よりも

特典が手に入らなくなるかもしれないという損を

避けるために、その希少性がより強く働くとされます。

 

 

また、希少性には群集心理が深く関わっており

他者にとられるかもしれないと考えてしまいます。

 

布団商法というものがあり、

デパートなどでセールをする時は

わざと人をたくさん集めて、みんなの前で

セールをして、群衆の中で先着特典を争わせる事で

希少性の原理を利用して商品を爆発的に販売する方法も存在します。

 

 

ネットビジネスに活かすには

 

あなたに売りたい商品があれば

実際はそうでなくても

’’この商品は売れてます’’

というアプローチから入りましょう。

 

そうすると、勝手に

「みんなが買っているからいい物に違いない」

と考えるようになります。

 

そして、

’’先着特典を限定10名’’

というような特典を用意しておけば

商品は爆発的に売れます。

 

その特典を失うかもしれないという心理が働き

実際に特典にはさほど魅力が無かったとしても

希少性の原理が働き、購買を急がすことができます。

 

実際にこのような特典手法は

プロダクトローンチにも多くとりいれられています。

 

上記したように

希少性の法則は皆が選んでいて

尚かつ数に限りがでてきたときに強く発揮されます。

 

この希少性の法則をビジネスに活用しない手はないでしょう。

 

 

 

私の記事に価値を感じてくれた人は応援お願いします。


ネットビジネス ブログランキングへ

ネットビジネス心理×真理ブログ限定メールマガジンも配信しています。

もちろん、ご購読は無料でできます。

本格的にネットビジネスを学びたい方、

何から始めたらいいのかわからない方には

必ずためになる有益な情報になります。

絶対に損はさせませんので是非ご購読してみて下さい。

名前(姓名が同枠)

メールアドレス

コメントを残す

このページの先頭へ