なぜ、ブランド品を纏うと気分がいいのか?〜権威催眠〜

 

世の中には、自分には到底理解できない他人の

’’価値観’’という物事に対する主観的価値が存在します。

 

300万円の腕時計に

何の躊躇もなくお金を出せる人もいれば、

 

腕時計には全く興味が無く、

車になら300万円払う事ができるという人もいます。

 

ブランド品や高級な物に

漠然とした価値を置いてしまうのは、

高額な物が良い物だと感じてしまう

先入観という人間の心理からくるものです。

 

必ずしも

高額な品=品質が良い

という図式が成り立つわけではありませんが、

高額な商品やサービスには人件費や原価などのコストが割高にある

傾向があるので、高額なものは必ず価値が高いものだと

刷り込まれているのでしょう。

 

権威催眠

 

こういったブランド品を購入したいと

考える顧客の欲求や感情とは、

どのようなものなのか考えてみましょう。

 

高額で良い物を身につけていると

周りから尊敬されるという

’’承認欲求’’が先駆けとなり

凄い人だと、初対面の方にも印象づけできるというメリットがあります。

 

なぜ、高級な物を纏っていると、

凄い人だと感じてしまうのか?

 

という所ですが、単純に

「良い物を持ってるからお金持ってそう」

という反応になりがちですが

ブランド品がもつ特性として

権威催眠と呼ばれるものがあります。

 

事実として、高級ブランド品を

身につけている人間自身の

経済力や器量の有無に関わらず

高額で良い物を身につけている=凄い人

という催眠がかけられるわけです。

 

ドラマに出てくる異性を騙すような

詐欺師は、必ずと言っていいほど

高級車を所有し、ブランド品を所持している

イメージがありますよね。(笑)

 

権威催眠は自己にも影響する

 

この権威催眠と呼ばれる物は実は他人にだけでは無く

自分にも強い影響を与えます。

 

拡張自我とも言うのですが、

高価な物を購入すると自分に自信がつくという意識が形成されます。

 

喧嘩の強い先輩と一緒にいると、

自分も強くなった気になってしまうのも似ています(笑)

 

物質的に価値が高いとされるものを、

自分が所有するだけで

自分自信の意識や器量が高まり

良い方向へ好転していくのであれば

まさにブランド品には物質的な価値以外にも

人間の意識改革にも価値が見込めるという事になります。

 

 

このように、

高価な物が持つ機能面だけでは無く、

人間は高価な物に漠然とした価値を感じつつも

潜在意識的には自己の成長にも繋がるとう側面も

持ち合わせているのです。

 

昔私がお金を持っていない時に、

起業家の方とお話をさせて頂く機会があり

当時貧乏だった私が見栄をはるために

コピー品のブランド時計を身につけていると

「偽物を身につけていると本物にはなれないぞ」

という風に起業家の方に言われた経験があります。

 

自分の力で価値を生み出し、

高価な物も自分のお金で購入できるようになって

初めて、その当時言われた事の意味がようやく理解できました。

 

高価な物を購入できる経済力では無く、

高価な物を購入して身にまとう事で

初めて意味があるという事なのです。

 

この理論であれば、

少し無理をしてでも、ブランド品を購入するのは

良いことなのかもしれません。

あなたも無理して購入してみてはいかがでしょうか?

 

 

 

 

私の記事に価値を感じてくれた人は応援お願いします。


ネットビジネス ブログランキングへ

ネットビジネス心理×真理ブログ限定メールマガジンも配信しています。

もちろん、ご購読は無料でできます。

本格的にネットビジネスを学びたい方、

何から始めたらいいのかわからない方には

必ずためになる有益な情報になります。

絶対に損はさせませんので是非ご購読してみて下さい。

名前(姓名が同枠)

メールアドレス

コメントを残す

このページの先頭へ