鈴木勇人 アフィリエイト大百科は稼げるのか?徹底レビュー

和田です。

インフォトップで上位にランクインしている 情報商材

アフィリエイト大百科(鈴木勇人) のレビュー記事を書いていきます。

 

アフィリエイト大百科(鈴木勇人)レビュー

http://coruna.biz/ae/

 

「半自動型でコンテンツを増やして稼ぎ出す」

これがアフィリエイト大百科の売りだと言えます。

 

私は、このフレーズを目にした際には

「何かツールを用いたアフィリエイトで自動化を目指すのか」 と思いましたが

どうやら異なるようです。

 

アクセス0段階でも記事を書き続けて報酬を増やしながら

基礎や応用の知識を学び稼ぎ出す為のノウハウ大全集

 

アフィリエイト大百科はブログを用いてアフィリエイトを行っていくことが

分かります。

 

アフィリエイトの種類はブログの中でも

・Amazonアソシエイト

・トレンドアフィリエイト

・情報商材アフィリエイト

など様々な種類があるのですが

アフィリエイト大百科はその中でもトレンドアフィリエイトについて

中心にノウハウを学ぶことが可能です。

 

問題なのがトレンドアフィリエイト(ブログ)は稼げるのか

 

 

これに関しては人にもよりますが

「取り組み次第では稼げる」

というのが率直なところです。

 

ただトレンドアフィリエイト(ブログ)は作業量の割には

・大きな金額が稼ぎづらい(月100万以上)

・レバレッジが利かない

・トレンドネタが切れたらアクセスが落ちる一方

 (自動化が難しい)

以上の難点があるため私はお勧めはしていません。

 

 

それでも初心者が0→1の段階を乗り越えるためには

最適であるという意見であるので

トレンドブログの捉え方は人それぞれだと思います。

 

アクセスを集めてクリックをして広告料をもらう

シンプルなビジネスモデルですからね。

 

つまり、大量のアクセスを集めて広告をクリックしてもらう

これさえできれば収入を得ることができるということです。

 

ただ1クリック数十円程度であること

1クリックされるためには100アクセス程度が必要であることを考慮すると

月10万程度は頑張れば達成できると思いますが

月50、100万という数字を目指すとなると厳しいです。

 

アクセスを集めるために常に記事を更新続けなければならない

トレンドキーワードを意識していくため

その話題が切れたらアクセスが集まらないことは明らかですよね。

 

まあ、目先の金稼ぎやすい点では良いと思いますが。

 

アフィリエイト大百科ではトレンドブログの行い方を全くの知識が無い

初心者でも実践できる内容になっています。

 

・無料ブログ、ワードプレスの設定の仕方

・自己アフィリエイトで収入を得る方法

・サーバーやドメインの使い方

などがありますね。

 

この内容を見る限りアフィリエイト大百科は詐欺的な教材ではないと

確信を得ることができました。

 

マニュアルを意識して作業を進めていけば初心者でも稼げると思います。

ただトレンドブログ(アフィリエイト)なので

まとまった収入を得るには3カ月はしっかりと実践を続ける必要があるのです。

 

収入を得られないまま作業を続けるとなると

「いつ稼げるようになるんだ」

「このまま続けても結果がでないのでは」

などの感情に駆られる時があります。

 

その段階でネットビジネスを諦める人が続出してしまうんですね。

稼げない段階でいかにモチベーションを継続させていくかが重要になるわけです。

 

トレンドキーワードではなく長期間検索され続けるロングテールキーワードを

狙って記事を更新していくなら長期的にも検索され続けて

アクセスが集まる可能性がありますが

そんなにポンポンとキーワードが見つかるわけではありません。

 

YoutubeやTwitterを用いてのアクセスの集め方を学べるので

そこは検索エンジンだけではなくSNSも有効していくことで

様々なところからアクセスを引っ張っていくこともできると思います。

 

ただしSNSはプラットフォームを利用しているため

時代によってが規制が強くなるため

ずっと利用をできるわけではありませんから

やはり検索エンジン(SEO対策)を中心に行っていくべきです。

 

その点をしっかりと意識してもらえたら幸いです。

 

アフィリエイト大百科は17800円で販売されています。

これをどう判断するかは人次第です。

 

コンテンツの内容や再現性を考えればこのくらいの値段は

妥当だとは思いますが

トレンドブログ(アフィリエイト)を行っていく以上

膨大な作業量が必要であることを理解してほしいのが

率直なところです。

 

今回のレビューは以上となります。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

コメントを残す

このページの先頭へ